日本人も中国人も、縁起を担ぐのが大好きだ。例えば、どちらも数字の「八」を好む傾向にあるが、日本は「末広がりだから」であるのに対して、中国では儲かることを意味する「発財」の「発」と発音が近いからと、理由が異なっている所が面白い。

 中国のお店では、商売の神様として関羽が祭られているのをしばしば見かける。かたや、日本では「招き猫」が千客万来、商売繁盛の縁起物として店に飾られる。中国メディア・・・・・

続きを読む