日本の若者は将来を悲観的に捉えているという指摘がある。2016年5月に人材サービス会社マンパワーグループが実施した調査によると、海外のミレニアル世代(2000年代に成人あるいは社会人になる世代)の多くが将来を楽観的に見ているのに対し、日本の若者は「最も悲観的」で、ギリシャの若者よりも悲観的だったという。中国メディアの匯通網はこのほど、「日本の若者が将来を悲観する理由」について分析する記事を掲載した。 <・・・・

続きを読む