日本人のマナーの良さや礼儀正しさは世界的に有名であり、多くの中国人も認めるところである。しかし、中国メディアの東方頭条は22日、日本人の礼儀正しさには裏があると主張する記事を掲載し、日本人に騙されないよう注意を促した。

 記事は、日本人の国民性について語る際に中国人が好んで取り上げる書籍「菊と刀」を根拠に、日本人の性格には「裏がある」と主張。同書は日本人について、「好戦的だが温和」、「凶暴だが礼儀正しい」など、一見相反する性格を持つと分析しているが、記事は、日本人が温和で謙虚で礼儀正しいのは、本性を隠すためのカモフラージュだと主張。日本人の本性は、好戦的で凶暴で頑固で卑怯であり、気を抜いた相手に「とどめの一撃を与える」のだと論じた。

 記事によれば、この点は日中戦争に裏付けされているという。日本は相手を超えた時に本性を現し、「かつての恩人に凶暴で貪欲な態度を示してくる」と、中国侵略の歴史を示唆。「日本人には正邪の概念がなく、得るか失うかしかない」と主張、日本は敗戦して多くを失ったため侵略の歴史を否定するのだと論じた。

 さらに、南京大虐殺や慰安婦問題を日本が否定するのは、「日本人の壮大な陰謀」が今現在進行しているためだとも主張。その陰謀とは、礼儀正しく温和な日本人旅行客を世界中に送り出すことで、中国人の主張する蛮行を日本人が行うはずがないと思わせることだという。これに中国人のマナーの悪さも加わり、中国人はうそを言っていると世界中の人に誤解されてしまっていると嘆いた。

 日本人旅行客のマナーの良さを「陰謀」とするのは、荒唐無稽な主張であると言わざるを得ないが、中国のネット上ではこうした反日的記事があふれているというのが現状だ。こうした言論が消えない限り、日中関係の真の改善には程遠いと言わざるを得ない。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)