清潔さは人が心地良い生活を送るうえで非常に重要な要素と言えるが、中国メディアの今日頭条は23日付で、日本の街は非常に清潔であることを絶賛、日本の清潔さには「いくつかの小さな秘訣がある」と説明している。

 記事が紹介した「小さな秘訣」とは、「自分のゴミは自分で処理する習慣」、「コンビニエンスストアで買い物をしたときにビニール袋をもらえること」、「自分の家や会社の周りを進んで清掃する習慣」、「ゴミ回収のための厳格なルール」、「清掃ボランティアの存在」、「ゴミ1つ落ちていない環境そのものがポイ捨てをさせない抑止力になっていること」などだ。

 記事はこれら「小さな秘訣」の1つ1つについて称賛の気持ちをこめて紹介しているが、例えばゴミを持ち帰るという習慣については「日本人は幼少のころから、自分で出したゴミは自分で処理するという教育を受けているため、ゴミ箱がどれほど遠い場所にあっても、きちんとゴミ箱まで捨てに行く」と称賛、決してポイ捨てはしないと指摘した。

 さらに清掃ボランティアの事例として、日本各地に環境保護のNPO団体が存在することを紹介し、単に空き缶や空き瓶を拾うだけではなく、紙くずやタバコの吸殻など「よく注意しないと気付かないゴミさえも拾っている」と絶賛した。

 記事が日本の街の清潔さにおけるその背後の努力を「大きな秘訣」ではなく「小さな秘訣」と表現したのは、その大半は決して莫大な資金を投じて実行される国家プロジェクトのようなものではなく、むしろ日本国民の1人1人の意識によって成し遂げられているという点を読者に知ってもらいたかったからであり、日本の清潔さの「小さな秘訣」に見倣うことで、中国でも街が清潔になることを願っているのだろう。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)