日本国内の観光地や空港に行くと、真っ先に飛び込んでくるのは中国語を話す声だ。添乗員がツアー客に説明する声、親が子どもに注意する声、カメラの前でポーズを取ってはしゃぐ声・・・マナー云々の話はさておき、中国語自体がやはり聴覚的に目立つ言語なのだということを感じさせる。

 中国メディア・今日頭条は23日、中国人の声の大きさについて「自己分析」する文章を掲載した。「外国人はおおむね、中国人の声の・・・・

続きを読む