江戸幕府最後の将軍、徳川慶喜が政権を返上、明治への扉を開く大きな一歩となった大政奉還が行われてから来年で150年。ペリー来航の衝撃と、世界情勢を理解して強い危機感を持った志士たちの熱意が国の命運をを根本からひっくり返した。かたや中国は、清朝が世界事情を見誤ったことで1世紀近く及ぶ、列強による植民の歴史に甘んじることとなった。(イメージ写真提供:123RF)

続きを読む