マレーシアのクアラルンプールとシンガポールを結ぶ越境高速鉄道の入札には日本、中国、韓国のほか、欧州の企業などが参加するとみられるが、中国メディアの新浪は17日付で、マレーシアのナジブ首相が16日の安倍首相との首脳会談において、「安全性が最も重要」であり、またコストも重要な要素になることを明らかにしたと伝えている。

 記事は、今回の越境高速鉄道についてナジブ首相が「これまでで最大のインフラ・・・・

続きを読む