普段の生活でタクシーを使うのは、何か急いでいる時が多いかもしれない。終電を逃した時もタクシーのお世話になるが、深夜で早く家に帰りたいという点からすれば、やはり「急いでいる」ことになる。それにこたえるためなのか、ドライバーの運転もどこか「急」に感じることがある。中国のドライバーほどワイルドではないにしても、だ。

 中国メディア・今日頭条は15日、そんなタクシーのイメージを覆す「タートルタク・・・・

続きを読む