日本には「石橋を叩いて渡る」という言葉がある。用心に用心を重ねながらクオリティの高いモノを作り上げる日本の製造業には、特にこの精神が根付いている。一方、中国では「とりあえず作ってみて、使ってみて大きな問題がないならそれでよし」という精神で、ここ30年での急成長を実現した。

 中国メディア・今日頭条は14日、「日系車はどうして故障が少なく、安心して使えるのか」とする記事を掲載した。記事は、・・・・

続きを読む