11月1日から6日にかけて行われた中国国際航空宇宙博覧会(珠海航展)において、中国のステルス戦闘機「J-20(殲-20)」が初めて一般に向けて公開された。そのJ-20について、中国メディアの環球網は7日、米メディアが「J-20には致命的な弱点がある」と報じたことを伝えている。

 中国の各メディアはこれまで、J-20は生産量が500-700機に達する可能性があり、米国のF-22が試験用の8機を含め、187機しか生産されないのに比べて「数」で圧倒できると伝えていた。つまり、J-20がF-22と比べて「戦闘能力」で一定程度劣っていても、「数で品質の差を補充することができる」という主張だ。

 だが、環球網は米メディアのフォーリン・ポリシーがJ-20のステルス性能について、「戦闘機の前方部のステルス性は非常に高いが、後方部には問題があり、エンジン排気口のステルス性能は低い」と指摘したことを紹介。

 さらにフォーリン・ポリシーが「J-20は極めて容易に敵のレーダーに発見される可能性がある」と伝えたことについて、環球網は「J-20はF-22に簡単に発見されてしまうということか」と懸念を示した。

 一方で記事は、フォーリン・ポリシーが「J-20の存在は中国の航空産業と軍事力の大きな飛躍を意味する」と伝え、西側諸国はJ-20と中国の軍事産業に真剣に向き合う必要があると警戒感を示したことを伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)