情報社会の発展に伴い、昔とは比べ物にならないほど膨大な情報が世界を行き交うようになった。隣国である中国に関する情報も多彩を極めており、享受する情報によって、中国に対するイメージも大きく変わってくる。その一方で、中国に対する典型的なイメージも健在。特に中国に関わる機会がない人の脳内では「不動の地位」を築いているのである。

続きを読む