日本では企業が従業員に教育を施してキャリア形成をサポートする一方、従業員は企業に対して比較的強い帰属意識を持っている。しかし、中国では「自分のキャリアは自分のもの」という考えにあり、企業と個人間の「絆」は弱い。どちらのスタイルにも良し悪しはあるが、新しい成長の形を模索している中国では、日本企業のスタイルに関心を持ち、その長所を学び取ろうとする経営者も少なくないようである。

 中国メディア・・・・

続きを読む