中国ではニセモノやパクリ商品が、今なお市場に多く出回っている一方で、日本でそのような商品を見かけることはほとんどない。「類似品・模倣品にご注意ください」という注意書きをあまり目にしないのは、そのような商品が出回る機会が少ないからと言える。

 中国メディア・今日頭条は2日、「どうして日本ではニセモノ商品が少ないのか」とする記事を掲載した。記事は、日本の製品には高い価値が付けられる一方で、「・・・・

続きを読む