日本と中国の「住居」は隣国ながら大きく異なる。中国の都市部は高層マンションが増えているが、建築後わずか数年で劣化が始まることも多く、ひび割れや雨漏り、変色やさびなどの問題が出てくるのが早い傾向にある。

 中国メディアの今日頭条は10月29日、日本の賃貸用のマンションやアパートについて、写真を掲載しながら紹介し、「日本のマンションやアパートは築20年でも非常にきれいだ」と伝えている。 ・・・・

続きを読む