近年、アジア地域における日本と中国の高速鉄道建設受注争いが白熱化している。インドネシアもその「戦場」の1つだ。中国メディア・今日頭条は20日、「日本がまたインドネシア高速鉄道を引っ掻き回そうとしている。それよりもまず、『中国台頭焦燥病』を治せ」と題した文章を掲載した。

 文章は、「中国が台頭する速度が絶えず高まるのに伴って、日本は『中国台頭焦燥病』を患った」とし、中国が「一帯一路戦略」を・・・・

続きを読む