日本を訪れる中国人旅行客の多くは、日本の公衆トイレを絶賛するが、それはなぜだろうか。中国メディアの今日頭条は15日、日本の公衆トイレからは「利用者の立場で考えられた人に優しい設計」がはっきり見て取れると紹介している。

 記事は日本の公衆トイレに見られる「利用者の立場で考えられた人に優しい設計」の事例として、例えば個室ドア内側のフックに言及している。ドア内側のフックにはスーツのジャケットのような衣服はもちろん、重い荷物もかけることができる。それでもフックが壊れて荷物が地面に落ちるような事態はまず生じない。

 中国の公衆トイレは端的に言えば、用を足す以外の機能はなく、フックもない場合が多い。そのため「中国では荷物を背負いながら用を足さざるを得ない」と説明している。

 また、日本では中国人が爆買いして話題を集めた温水洗浄式便座が普通に設置されていることや、忘れ物に注意するよう記された注意書き、用を足す恥ずかしさを解消してくれる擬音装置、便座除菌シート、常備されたトイレットペーパー、母親が用を足す時に赤ちゃんを座らせておくシートなども紹介し、こうした機能や設備はまさに「利用者の立場で考えられた人に優しい設計」であると称賛した。

 さらに記事は、日本には季節の花が飾られていたり、芳香剤が設置されている公衆トイレもあると説明、「日本の多くのトイレは心身をリラックスさせるのに対し、一刻も早く立ち去りたいと思わせるのが中国のトイレである」と指摘。中国は「利用者の立場で考えられた人に優しい設計」である日本の公衆トイレに見倣うべきだと論じている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)