自転車というと中国を思い浮かべる人が今も多いかもしれない。しかし、中国の人にとって見れば、日本こそが「自転車大国」なのである。自転車の多さに加えて、その秩序正しさに感心する中国人が多いようだ。

 中国メディア・今日頭条は17日、日本の自動車事情について紹介する記事を掲載した。記事は、日本が「世界で自転車好きの国トップ3」に入るほど自転車を愛好する人が多いと紹介。駅や大型商業施設の付近には専用の駐輪場があるほか、多くのマンションにも駐輪場が備えられているとした。そして、駐輪場では自転車がきれいに並べられていると伝えている。

 また、自転車の2人乗りは幼児を乗せる場合を除き認められていないこと、並走も禁止されていることを紹介。日本人の多くは歩道を自転車で走ることを好むが、前に歩行者がいる場合はベルを鳴らすことなく自転車を降りて押すと説明した。普段生活している人間からすると、日本人の自転車マナーを美化しすぎていると感じる紹介の仕方であるが、中国での状況と比較するとついつい誇張して紹介したくなるのかもしれない。

 記事はさらに、日本では自転車の盗難が深刻な状況であるとしている。日本は治安がいいというイメージを持つ傾向にある中国の人にとっては少々驚きなのだろう。その一方で、盗難の発生を防ぐために警察が自転車1台1台に対して登録を行うよう規定しており、中古の自転車についても同様であると説明した。

 記事を見た、日本滞在歴があると見られるネットユーザーからは「日本で自転車を盗まれたことなどない」、「日本人は基本的に自転車にカギを掛けない」といった「反論」が少なからず寄せられている。残念ながら、日本でも自転車は「盗まれる時には盗まれる」のであり、カギを掛けなければそのリスクはさらに高まるのだ。そして、自転車本体にちゃんとカギをかけていても、サドルだけ盗まれることだってあるのだ。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)