日本の駅弁と中国の駅弁の質を比較し、日本の駅弁を絶賛する一方で中国の駅弁の質の改善を提言する記事は多い。中国メディアの今日頭条の16日付の写真記事は、日本の駅弁の優れた出来栄えから、どんな仕事でも真剣に取り組むという日本人の優れた特長を感じ取ることができると読者に説明している。

 記事は最初に日本の駅弁は乗客が好みの駅弁を選びやすいように写真付きのメニューが準備されていること、日本の駅弁は中国の駅弁と違って質に手抜きがなく、価格も高くないこと、非常に新鮮で色彩も豊かであること、中身だけでなく駅弁のパッケージも非常に良く出来ていることなどを称賛した。

 こうした点を単に称賛するだけではなく、「食材から制作、色彩からパッケージに至るすべてに一点の手抜きもないことは、様々な仕事に対する日本人の真剣さを見事に反映している」と絶賛。

 また記事は駅弁制作に関わる仕事について、「中国の一般的な市民から見ればこの仕事は取るに足らないように思えるかもしれないが、多くの日本人は決していい加減に取り組むことはしない」と説明。記事は「これこそ中国人が学ぶべき点だ」と結論した。

 「これこそ中国人が学ぶべき点だ」という記事の結論についてだが、これには中国の駅弁の質を改善するためには、まず仕事に対する真剣な取り組み方を日本から学ぶ必要があるという意味が込められている。

 例えば中国人は駅弁のパッケージを単なる包装としか見ていないかもしれないが、しかし記事は日本の駅弁の美しいパッケージは、駅弁を味わう人に「楽しみ」を与える重要な要素であるという見方を示している。取るに足らないように見える仕事でも、それに真剣に打ち込めば、その仕事を通して何らかの形で人の幸福に貢献できるという点を読者に伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)