これまで主に工場の製造ラインで進んできた自動化が、われわれの身近なところでも進み始めている。15年7月に長崎県のハウステンボス内に開業した「変なホテル」はロボットがチェックインを受け付けることで注目を集めたが、これも身近なサービスの自動化の一例と言えるだろう。シンガポールの華字メディア・聯合早報は17日、「日本のサービス業が無人化に向かって邁進している」とする記事を掲載した。

 記事は、・・・・

続きを読む