10日に米フィラデルフィアで行われた女子卓球ワールドカップで、16歳の日本選手・平野美宇が日本勢初の優勝を果たした。中国メディア・澎湃は11日、日本卓球界が「中国モデル」を用いて若手選手の強化を図っているとする記事を掲載した。

 記事は、同大会に中国代表選手が出場していなかったとする一方、中国からの帰化選手を次々破って平野が優勝したことの持つ意味は決して小さくないと説明。平野には同世代の・・・・

続きを読む