外務省は9月27日、中国人に対するビザ発給要件緩和措置を10月17日から運用することを発表した。同措置では、中国教育部直属大学に所属する学部生・院生及びその卒業後3年以内の卒業生は、在学証明書または卒業証明書で経済力が確認できる書類に代えることもできる。

 中国メディアの今日頭条は3日、日本政府のこうした取り組みや観光地としての日本の魅力を前にして、「日本旅行に出かける中国人の足取りを止められる人は誰もいない」と論じる記事を掲載した。

 記事は中国人に対するビザ発給要件の緩和措置について「若者たちにとって大きな誘引となる条件」であると指摘、この緩和措置の効果は大き・・・・

続きを読む