中国の集合住宅では、1階の窓に不審者侵入防止用の鉄格子が取り付けられてあるのが常識だ。景観は損なわれるが、財産や人命には代えがたいのである。一方、日本の集合住宅にそんなものは存在しない。取り付けようものなら、「この辺は物騒なのか」という疑念を抱かせかねず、入居者が集まらなくなってしまうかもしれないのだ。

 中国メディア・今日頭条は6日、日本のすごいところを紹介する記事を掲載した。そのなか・・・・

続きを読む