中国メディア・IT之家は3日、大隅良典氏が今年のノーベル医学・生理学賞を獲得したことについて、北京大学の生物学専門家が「わが国のバイオ医学は総じて日本より20年以上おくれている」との見解を示したと報じた。

 記事は、北京大学教授の饒毅氏が「日本のバイオ医学研究は、1980年代にはすでに非常に高いレベルに達していた」と語る一方で、現在の中国は「なおも日本の90年代のレベルにも及んでいない」・・・・

続きを読む