これまで爆買いを特徴としていた中国人観光客の傾向が近年、「モノ消費」から体験を重視した「コト消費」にシフトしているという。例えば、満開の桜の下で花見をする、大阪でB級グルメを食べ歩く、北海道でスキーをする、着物を着て浅草を散策する、旅館で温泉と懐石料理を楽しむといった「日本ならでは」の体験だ。

 中国メディアの今日頭条は、北海道旅行の際にガイドから聞いた「中国人の知りえない日本人の日常」・・・・

続きを読む