「ローマは1日にして成らず」という言葉がある。栄光と繁栄のローマ帝国を築き上げるのに約500年かかったことから、大きな成果や功績は短期間のうちに得ることはできず、長い目を持って辛抱強く取り組む必要があることを示す言葉だと言える。改革開放から30年で世界第2の経済大国に成長した今の中国には縁遠そうだが、ここから先の発展においてはその言葉の重みを感じることになるかもしれない。

 中国メディア・・・・

続きを読む