世界では小型ジェット機(リージョナルジェット)市場の拡大が有望視されており、中国もその市場を狙っている。中国はすでにARJ21と呼ばれるリージョナルジェットの開発に成功しており、中国の成都航空がすでに運航を行っている。

 中国メディアの微信はこのほど、ARJ21が6月28日に初就航してから2カ月が経過し、のべ2855人の利用客を乗せて52回のフライトを行ったと紹介。さらに、利用客からはA・・・・

続きを読む