中国では2008年にメラミンが混入した粉ミルクが流通し、乳幼児が腎結石などの健康被害を受ける事件が発生した。同事件は中国社会を揺るがす大問題となり、日本でも大きな関心を集めた。

 中国ではメラミン混入事件によって中国企業の製品は信頼できないという認識が強まり、結果として日本企業などのベビー用品の人気が高まった。特に日本メーカーの紙おむつは今でも大人気であり、日本で買い付けられた紙おむつは・・・・

続きを読む