一国における経済状況を判断するうえでの決め手になるのは、一人一人が持っている資金の量より、実体経済における資金の流動性と言える。仮に国民一人一人が1億円の資産を有していても、誰もそれを使わなければ経済・社会活動は停止してモノやサービスは生産されなくなる。

 日本政府は8月2日に事業規模28兆円超の経済対策を閣議決定したが、中国メディアの中国経営報は29日、アベノミクスでは日本経済の病を治・・・・

続きを読む