先日行われたリオ五輪の卓球競技では、アジアや欧米各国の代表で「見た目も名前も明らかに中国出身者」という選手を数多く目にした。卓球が強い中国では、世界で戦えるレベルでありながら燻っている選手たちが数多く存在する。彼らが活躍の場を求めるべく国外に出て、他国の国籍を取得するのだ。中国メディア・今日頭条は29日、「中国のアスリートは海外に出ても、くれぐれも日本の国籍に入ってはいけない」とする文章を掲載した。 <・・・・

続きを読む