18日に行われたリオデジャネイロ・オリンピック(リオ五輪)バドミントン女子ダブルス決勝で、日本の高橋礼華、松友美佐紀が2−1でデンマークのペアを降して金メダルを獲得した。日本にとって前回ロンドン大会の銀メダルを上回る最高の結果となったのとは対照的に、ロンドン大会のバドミントン5種目で全て「金」だった中国代表は振るわない。

 中国メディア・新華網は19日、「中国は全線で失意、日本はバドミン・・・・

続きを読む