中国メディア・今日頭条は5日、「どうして日本人は中国の書法文化を崇拝し学んだのか そして何を学び取ったのか」とする記事を掲載した。

 記事は、かなが発明される前の奈良時代、日本人は行書や草書を用い、王羲之といった中国の書法家のスタイルの模倣に努めていたと紹介。それが、平安時代に入って徐々に日本のスタイルが見られるようになり、草仮名が流行した後期には小野道風、藤原佐理、藤原行成の「三跡」に・・・・

続きを読む