ブラジル・リオデジャネイロ五輪の体操男子団体で、日本が3大会ぶりの金メダルを獲得、中国は銅メダルを獲得した。中国に2.972点の差をつけての金メダルとなった日本に対し、中国では称賛の声もあがっている。

 中国メディアの捜狐はこのほど、日本体操男子の競技水準は2006年ごろから世界一流に達したと伝え、06年から「世界の体操男子団体は日中の争いになった」と指摘する一方、今回の日本の金メダルは・・・・

続きを読む