「百聞は一見に如かず」という成語は漢書の趙充国伝に記されているもので、「人の話を聞くより、自分で見たほうがより物事を理解できる」という意味だ。前漢の時代に生きていた趙充国という名の武将が2000年以上も前に語った言葉は日本でも広く知られており、現代においても変わらず通用する原則と言えよう。

 中国メディアの微信はこのほど、日本で働いた経験のある中国人女性が日本で「実際に生活して感じたこと・・・・

続きを読む