日本のサブカルチャーから発生し、今や世界的に有名になった「萌え」の文化。時間の経過とともに「萌え」が包含する意味は広くそして曖昧になりつつある感がする。2次元の美少女だけでなく、さまざまな物事に対して「萌え」を感じる人が増えているのだ。

 中国メディア・第一財経週刊は7月31日、日本の「萌え」文化について紹介する記事を掲載、「萌え」の要素が様々な場面で、時としてマーケティングの手段として・・・・

続きを読む