中国は2010年、国内総生産(GDP)で長きにわたって世界2位の座を保持し続けてきた日本を抜き去った。中国経済は減速しているとはいえ、今なお成長を続けていることは事実であり、中国国内では自国の経済状況について自信に満ち溢れた言論も増えている。

 だが、中国メディアの捜狐はこのほど、日本経済の世界における真実の地位は「断片化された数値や感覚だけでは見えてこない」と主張し、未だに反発する兆し・・・・

続きを読む