人口の減少やデフレ、低迷する経済成長率などを理由に、中国国内では日本経済を嘲るような論調があるのは事実だ。だが、中国メディアの外匯通はこのほど、「日本は今なお世界の強国だ」と指摘したうえで、むしろ中国のほうが先進国になるためのチャンスを掴めるかどうか微妙なところであることを伝えている。

 記事は、世界各国は日本経済に対し、「もはや救いようがなく、死に体だと考えている」と主張し、日本経済は・・・・

続きを読む