東シナ海における中国軍機によるけん制と、それに対応する日本の自衛隊機とのにらみ合いが続いている。意図しての武力衝突がなかったとしても、偶発的に衝突してしまったり、事故が発生する可能性がないとも言い切れない。そして、両国の緊張が高まるたびに、ネット上に「開戦論」が賑わいだすのである。

 中国メディア・今日頭条は14日、「日中両国がもし再び戦争をしたら」と題した文章を掲載した。文章は、近ごろ・・・・

続きを読む