昨年一世を風靡した中国人観光客の「爆買い」。観光地を訪れ、グルメに舌鼓を打つといった本来あるべき「観光」の姿からは大きくかけ離れたその現象は、案の定と言えば案の定だが一過性の「熱」になりつつある。一方で、リピート客を中心に訪日旅行の多目的化が進んでいるという。これも、自然な流れと言うべきだろう。

 中国メディア・捜狐は14日、「次に日本に行った時には、少なくとも1つは訪れたい」と題し、鉄・・・・

続きを読む