新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は7日、より人間に近い柔軟で巧みな動作を可能とするロボットハンド、従来に比べて小型サイズで食品の味や危険物質の有無を判別できる味覚センサーなど、「次世代人工知能・ロボット要素技術」13テーマの新規研究開発を開始することを発表した。「ロボット大国」を目指す、日本のロボット関連研究は、ますます盛んになっている。

 中国メディア・新華網は8日、「日・・・・

続きを読む