近年、日本を訪れる中国人が日本企業の製品の品質を高く評価し、爆買いしている。その一方で、日本人の身の回りには多くの中国製品が溢れており、日中の国民が互いに相手国の製品を使用しているのは不思議な現象とも言える。

 中国メディアの捜狐はこのほど、中国人が日本で爆買いしている以上に、日本人の生活には中国製品が溶け込んでいると伝え、「日本人は中国製品に取り囲まれて暮らしている」と伝える記事を掲載した。

 記事は、中国人が爆買いした温水洗浄便座も「実際には中国国内の工場で生産された中国製」であると指摘したうえで、日本の商業施設では赤ちゃん用品から服飾関連、さらには電化製品にいたるまで、大量の中国製品が売られていると論じた。

 だが、中国国内で販売されている中国製と、日本国内で販売されている中国製は「同じではない」と指摘したうえで、日本向けに中国から輸出される製品は厳しい検査が行われており、「中国国内で販売される中国製と違って、品質は確か」と主張。中国国内で販売される中国製も日本国内で販売されているものと同等の品質が確保できれば、「中国人消費者もわざわざ国外で爆買いする必要などないのに」と主張した。

 日本人の生活に中国製品が溶け込んでいるのは事実だ。家のなかでも会社のなかでも、日本人の身の回りには数多くの中国製が存在するはずだ。だが、すでに人件費の高騰を背景に中国から工場を移転させるメーカーも相次いでおり、米国などではベトナム製が中国製に取って代わりつつあるとの報道もある。今後、日本においても中国製がベトナム製などに取って代わるという動きは加速するのではないだろうか。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)