日本のフィーチャーフォンは「ガラケー」とも呼ばれている。日本国内の市場に特化しすぎたことで外界から取り残された形になってしまったことを揶揄(やゆ)する意味合いも含まれた言葉だが、それは決して技術力の低さを揶揄したものではない。

 日本から携帯電話に関する「世界初」は複数誕生したが、現在の世界を見渡してみると日本の存在感はあまり感じられない。中国メディアの今日頭条はこのほど、日本の携帯電話・・・・

続きを読む