中国では一部で今なお強い反日感情を抱く人がいる一方で、日本を訪れる中国人が年々増加するなど、日本から見ると掴みどころのない国にも見える。中国の人びとは歴史問題などから日本に対して反感を持ちつつも、経済発展を遂げ、秩序のある社会を構築している現代の日本を認めざるを得ないという気持ちも持っているようだ。

 中国で反日感情が高まっていた際、もっとも大きな影響を受けた日本製品の1つに日系車を挙げることができよう。反日デモでは暴徒と化した一部の中国人が日系車を手当たり次第に破壊したことは記憶に新しいが、中国人消費者はその後、破壊されることを恐れて日系車の購入を控えたため、日系車は不遇の時代を迎えることとなった。

 だが、2015年以降、日系車の売れ行きは非常に好調であり、こうした点から中国における対日感情の改善も見て取れる。一方、中国メディアの汽車人之家はこのほど、中国人が日系車を購入するのは対日感情の改善のみならず、日系車に明確な強みが存在するためだと論じている。

 誰もが思いつく日系車の強みと言えば、やはり燃費性能だが、記事は「中国市場における需要の刈り取りに成功したのも、やはり燃費性能があってこそ」と指摘。中国では近年、SUVが人気となっているが、ほかの国のメーカーに比べてSUVにおいても経済的かつ実用的である点が消費者から高く評価されていることを指摘した。

 また、走行距離が長くなっても燃費性能の高さが変わらないのも魅力の1つだとしたほか、日系車のエンジンは雑音が少ないうえに動力性能も高いと評価。また、中国ではこれまで誤解されてきた「日系車の安全性能の高さ」について、米国での衝突安全性テストの結果が広く知られるようになってきたことを指摘したうえで、中国の消費者が歴史問題などにとらわれず、理性的な選択の結果として日系車を選び始めていることを伝えた。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)