中国にも数多のファンが存在する、日本のサブカルチャー。今や世界に誇る日本の一大産業となっており、世界に数え切れないほどの「オタク」を生み出している。しかし、もはやもともとの「オタク」とは性質が異なるものとの見方もある。中国メディア・人民日報海外版は20日「『オタク』はもう死んだのか?」とする記事を掲載した。

 記事は、ACG(アニメ・マンガ・ゲーム)産業の、日本の国内総生産に占める割合が・・・・

続きを読む