台湾では、マンガやアニメ、ドラマや映画を題材にした自作パロディ動画を「KUSO」と呼ぶ。その語源は察しのとおり、日本語の「クソ」である。台湾メディア・中国時報電子版は8日、台湾の保険会社がこのほど日本の「ヒーローもの」をパロディ化したCMをユーチューブ(Youtube)上で配信したことを報じた。

 「KUSO」CMを配信したのは、台湾の保険会社・遠雄人寿。先日、「無限修復、全面ケア」をテ・・・・

続きを読む