世界最大の自動車市場である中国において、日系車の販売が好調だ。反日感情が高まっていた時には多くの消費者によって敬遠された日系車だが、日中関係が小康状態にあるなか、日系車の魅力が正当に評価されるようになったということだろう。

 中国メディアの捜狐はこのほど、多くの中国人消費者が日系車を選ぶ理由は何と言っても「燃費の良さ」にあると指摘したうえで、なぜ日系車は燃費が良いのかを考察する記事を掲載している。

 記事はまず、日系車の燃費の良さの秘訣の1つは「車重が軽いこと」にあると主張。中国の消費者は車重が軽いことに対し、「手抜き」ではないかと考えがちだとしながらも、現在は多くの自動車メーカーが自動車の軽量化に取り組んでいることを指摘し、それもすべては「燃費向上のため」であると指摘した。もちろん、軽量化を行うにあたっては安全性が損なわれてはならないが、日系車は安全性の高さも折り紙付きであり、安全性が保証されたうえでの軽量化であると指摘した。

 さらに、2つ目の秘訣として、「エンジン性能の高さ」を挙げ、マツダのスカイアクティブエンジンなど、日本の自動車メーカーのエンジン技術は「自然吸気エンジンのなかでトップクラス」であると指摘。特にエンジン性能は燃費と直接的な関係のある存在だと指摘し、日系車の燃費性能は中国の日系車オーナーたちから高い評価を得ていると論じた。

 中国では近年、ガソリン価格の値上がりが続いており、日系車の販売が好調なのはやはり燃費性能と関係があるのは間違いないだろう。日系車は安全性に劣るといったデマが存在する中国だが、近ごろは中国メディアが日系車の安全性について正しい報道を行うケースも増えていることから、中国の消費者は理性的な判断のもとで日系車を選んでいるようだ。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)