中国メディア・新浪は22日、サブカルチャー華やかなりし日本国内において「オタク」たちがなおも奇異の目で見られるなか、彼らが「オタクをバカにするな」という主張をし始めているとする記事を掲載した。

 記事は、「どこにおいても『オタク』は大衆に受け入れられる層ではないが、ACG(アニメ・コミック・ゲーム)文化が相当発達している日本でも社会の人々から見下されている」と紹介。一方で「多くの『オタク・・・・

続きを読む