東京の街では、居眠りしている人をよく見かける。中国の昔ながらの路地でご老人がひなたぼっこしながらウトウトしているのとは違う、どちらかと言えば哀愁の漂う居眠りが多い。特によく見かけるのが、電車の中で首を上下させているサラリーマンたち。そして、外国人がその光景を見ると「ああ、日本人は疲れてるな」という印象を持つのである。

 中国メディア・中華網は24日、日本の東京にはまるで「夥しい亡骸が荒野・・・・

続きを読む