日本独自の自動車規格である「軽自動車」。1998年に排気量660cc、長さ3.40メートル、幅1.48メートルという現在の規格が定められ、各メーカーが小回りの良さ、燃費の良さなどを売りに様々な製品を開発、販売している。中国メディア・新浪は13日、この軽自動車が実は中国に極めてピッタリなのではないかとする文章を掲載した。

 文章は、軽自動車が「入門クラス」のミニサイズカーではなく、デザイン・・・・

続きを読む