日本語と中国語(500)

(189)わたくしはテレサ・テンのファン

 “但愿人长久,千里共婵娟”を鄧麗君(テレサ・テン)が歌っていると書いたら,「先生,テレサ・テンをご存じでしたか」と若い友人が目を丸くしました。

 「ご存じどころか,大のファンですよ」と答えたら,こんどは「あんな下ぶくれのぽっちゃりしたのがタイプですか」と冷やかされました。わたくしは彼女の歌が好きだと言っただけで,彼女の容姿のことを言ったつもりはないのですが……。もっとも,タイプでないこともないけどね。

 容姿もさることながら,どこかものうい,ちょっとかすれたような,甘いあの声,ソプラノというのかな,やはり魅力がありますね。

(190)奪い去られたカセットテープ

 わたくしは1979年の春から2年間北京に滞在していましたが,ちょうど改革開放政策が始まった時期で,教えていた大学の日本語のクラスも,文化大革命中の重苦しい空気から解放されて,活気に満ちた明るい雰囲気を取り戻していました。

 わたくし自身の勉強のための中国語のカセットテープや,教材として用意してきた日本語のテープに混じって,何本かのテレサ・テンのテープがあるのを宿舎に遊びに来ていた学生が目ざとく見つけて,奪うようにして借りて行きました。数日たって戻ってきた時にはケースとカバーは無残に破損し,本体のテープもかなりの傷みようでした。返却に来た学生が申し訳なさそうに言うには,皆で聴いたり,めいめいがカバーをコピーしたり,テープを複製したりしているうちにこうなってしまったというのです。

(191)人生幾たびか酔えるを得んや

 ただそれらのテープの中にどんな曲が入っていたかは,記憶が確かでない。先の『但願人長久』は確かまだであったし,リバイバルブームを巻き起こした『夜来香』や『何日君再来』ももう少し後であったような気がする。北京滞在のおしまい近くになって,1980年の暮れ頃であったか,“何日君再来”を耳にするようになったが,それが鄧麗君のものであったかどうか,ちょっと記憶が怪しい。大のファンと言ってもこの程度です。お恕しください。

 ところで,この『何日君再来』(いつの日か君また帰る)の中の

 人生难得几回酔,不欢更何待  ren2sheng1 na2nde2 ji3 hui2 zui4,bu4 huan1 geng4 he2 dai4

 も,また先の「人生別離足る」,すなわち「サヨナラ」ダケガ人生ダに通じるものがあるように思う。

(192)今宵(こよい)別れてのち,いつの日か君また帰る

  好花不常开,好景不常在。
  愁堆解笑眉,泪洒相思带。
  今宵离别后,何日君再来。
  喝完了这杯,请进点小菜。
  人生难得几回酔,不欢更何待。

 『何日君再来』の歌詞はこの後に例の“来来来,喝完了这杯再说吧”というささやきが入って,もう一度“今宵离别后,何日君再来”が繰り返されて一番が終わる。歌詞の解釈は追って。(執筆者:上野惠司 編集担当:大平祥雲)(イメージ写真提供:123RF)