中国メディア・網易が26日に掲載した「初めての日本人が『これが中国』と呆然とすること」という記事について、これまで鉄道、街頭、食事というテーマに沿って紹介してきた。今回は最後として、中国の道路交通事情に関する、日本人にとっては「ビックリ仰天」とされる事柄を取り上げる。やはり、中国を語るうえで、このテーマは外せない。

 「まるで呼吸するかのようにクラクションを鳴らし続ける。もはや何故鳴らす・・・・

続きを読む